急須で淹れたようななにか

急須で淹れたようななにか

あたらしいうすゆきぶろぐ

なにか新しいことを始めるとき、実践からしかできない人間です
生活

なにか新しいことを始めるとき、実践からしかできない人間です

この記事は誰かを否定したりする記事ではなくて、あくまで私の性質について述べた記事です。 なにか新しいこと、ここでは趣味とか学問とか全部を対象とします。 この過程において一般的に基礎からはじめて体系的に実践にたどり着くボトムアップな人間と、実践からはじめて体験的に基礎を身につけるトップダウンな人間がいるとよく言われます。私は後者です。 私はプログラミングで飯を食っていく人間です。 情報系の学科だからプログラミングができるというのは全くの事実無根です。大学ではコンピュータサイエンスを学ぶのであってプログラミングのやりかたを学ぶ訳ではありません。これは例えて言うなら、機械工学を専攻している人間に車の運転上手いんでしょ?って言ってみたり、数学科の人間に暗算させたりするようなレベルの誤謬です。 で、私がプログラミングができるようになった理由は実践したことです。私は中学生のときにプログラミングを知ったものの、if文がどうとか知って、……これで何ができるの?何も楽しくないんだけど……となって挫折した人間です。当時HTMLとかも書いてみましたが、何が楽しいのか全く分からず、やめちゃいました。
6 min read
雨季の八重山列島をできる限り攻略したい

雨季の八重山列島をできる限り攻略したい

みなさんは八重山列島をご存知だろうか。 一節によると18世紀初頭に記された中山伝言録にその名を由来し、与那国島や石垣島を始め無人島まで合わせると23島からなる沖縄県は先島諸島の一部である。 またすべての有人島が離島振興法による指定離島を受けている。 新城島(あらぐすくじま)のように民俗学上特筆すべき地域も多く、またこれらの地域の方言は国際的には八重山語、与那国語と日本語とは区別されて扱われているなど、もはや文化的に国外と行っても過言ではない極東最西端の列島である。 しかし2008年のフェリー廃止により、本土から八重山列島への到達は空路のみとなった。 旅客機の出番である。 全日本空輸の国内線で現在最も高い航空運賃である羽田石垣航路だが、70周年セールにより7000円となった。美土路昌一氏には足を向けて寝られない。 寒空の下、宇都宮を発ったとき気温は-5度であった。 しかし八重山列島に来てみれば常に20度前後をうろちょろしている。 八重山列島は北緯24度線付近にありこれはハワイと同緯度で、温かいのも納得の理由である。 目次
15 min read
チャリで巡る波照間島
Featured

チャリで巡る波照間島

民間人が行ける最南端、波照間(はてるま)島。 波照間空港自体はあるものの定期便が就航しておらず、移動手段はフェリーのみです。 石垣島を経由する必要がある2次離島となっています。 目次 * 1 石垣→波照間 * 2 波照間島 * 2.1 チャリをレンタル * 2.2 製糖工場 * 2.3 ニシ浜 * 2.4 浜シタン群落 * 2.5 ムラピナの浜 * 2.6 ペムチ浜 * 2.7 最南端 * 2.8 星空観測タワー * 2.9 波照間空港 * 2.10 波照間可倒式風力発電実証研究設備 * 2.11 集落 * 2.12 コート盛 * 2.
9 min read
ひたすら移動する道東旅(ひがし北海道ネットワークバス 乗り放題パス)

ひたすら移動する道東旅(ひがし北海道ネットワークバス 乗り放題パス)

今回の旅の立役者は「ひがし北海道ネットワークバス乗り放題パス」です。 国内線どこでも片道7,000円と組み合わせて道東を移動しました。 普段であれば青春18きっぷなんかを駆使して最安値を攻める私ですが、いつもとは違います。 前日に人生最後の定期試験を終えたのです。快適な旅行をしましょう。 これは娯楽です。束の間の休息です。 目次 * 1 金曜日 * 1.1 7:00自宅→(バス, 鉄道 東武,京急)→羽田空港11:36 * 1.2 12:25羽田空港→(飛行機)→根室中標津空港14:05 * 1.3 14:25根室中標津空港→(中標津空港線 バス)→根室駅前ターミナル16:06 * 1.4 根室 * 1.5 17:40根室駅前ターミナル→(特急ねむろ号 バス)→釧路駅前20:10
15 min read
24卒Web系エンジニア就活に終止符を。
Featured

24卒Web系エンジニア就活に終止符を。

目次 * 1 概要 * 2 誰に何を提供する記事? * 3 満足する内定につながった要素3つ * 3.1 1.自分を特別と思わないこと * 3.2 2.情報を得ようとする姿勢を持つこと * 3.2.1 インターン * 3.2.2 本選考 * 3.2.3 二面性のはなし * 3.2.4 情報源 * 3.2.5 選考スケジュールの早さには注意 * 3.2.6 志望企業が決まってから面接に向けて * 3.3 3.自己分析をすること * 3.4 おまけ * 4 就活前からやっていて役に立ったこと * 4.1
15 min read
面接失敗伝

面接失敗伝

もう遠い昔(1ヶ月以上前)のことなので時効ですが、当時志望度がめちゃくちゃに高かった企業の4次面接(最終)で落ちました。 この失敗を活かして就活をゼロから見直し、結果として現在はとても良い選択が取れていると感じています。 以下ではなぜ失敗したのか、それによってどう変えたのかを書いていきます。まだ就活は終わってないんですがね……! 目次 * 1 失敗理由 * 1.1 根底:1つの就活方法を信仰しすぎた * 1.2 本音と建前を見逃していた * 1.3 そして、本番では指摘してもらえない * 1.4 そしてそもそも人生の目的とか将来像って見つかるものなの? * 2 今までの自分の就活が根底から間違っていたわけではない * 2.1 土台はできていた * 2.2 自己分析に多大な時間を投じていた * 2.3 企業研究もしっかりしていた * 2.4 就活の情報収集もたくさんしていた * 2.5 それでも気づけなかったのは固定観念の強さ * 3 気づきの変遷 * 3.1 これまでの面接落ち
10 min read
途中放棄されがちな個人開発達

途中放棄されがちな個人開発達

目次 * 1 はじめに * 2 完成までいかなかったもの * 2.1 こもよみ * 2.2 furosiki * 2.3 kotohazi.me * 2.4 かどで日記1,2 * 3 ポートフォリオに載っけてるけど本来の機能を有していないもの * 3.1 musubineru * 3.2 しののめ * 3.3 言の葉HTML * 3.4 U-laniwa * 4 まとめ * 4.1 失敗していく原因 * 4.2 どうすれば続けられるのか * 4.3 根底 * 4.4 有象無象の失敗から得られたこと * 5 最後に はじめに
10 min read
就活気分転換旅行

就活気分転換旅行

この時期なら就活終わっとるやろ!って計画して予約してましたが、就活が終わってません。 「就活おつかれ旅行」のはずが「就活気分転換旅行」になっちゃいました。 日数としては3泊4日ですが、夜到着、朝出発の都合もあり、実質2日といったところです。 今回はあえて地名を出さない形でお届けします。 想像を膨らませていただけると幸いです。(画像検索とかすると簡単に分かっちゃいますがね……) 目次 * 1 出発 * 2 2日目 * 3 3日目 * 4 帰宅 出発 午後出発。 しばらくの旅行記事はANA70周年セールさまさまの予定です。 ANA創立70周年記念企画の国内線どこでも片道7,000円で飛行機をお安く利用させていただいています。 ということで羽田空港より出発です。 空港から市街地に向かう高速バスで撮った一枚です。 すっかり夜ですね。 宿はカプセルホテルタイプのところです。 3連休期間でしたが3泊4日で1万円ということで、かなりお手頃です。 これまで泊まったことのあるカプ
5 min read
コロナ禍の初コミケ参加(C101)

コロナ禍の初コミケ参加(C101)

極東の日本という島国にはコミックマーケット、通称コミケというイベントがあるらしい。 パンデミック前と後で大きく方法が変わっている一方で、インターネットで調べるとコロナ禍前後の情報が混在して出てきて、新参者には訳が分からなかったので、備忘録という形で残しておく。 目次 * 1 兎にも角にも公式HP * 2 当日参加不可!事前のチケット販売のみ。 * 2.1 日付 * 2.2 入場場所? * 2.3 色々あるチケット種別 * 2.4 支払い * 2.5 午前入場最終組 * 2.6 受付時間と入場時間 * 3 カタログという概念 * 3.1 コミケウェブカタログ * 3.2 そのチケット連携リンクどこなのよ * 3.3 pixiv連携 * 4 サークルの数多すぎ、多すぎ…多すぎ……(反響するこだま) * 4.1 お次は番号の読み方がわからない * 5
9 min read
年末のスーパーはテーマパーク

年末のスーパーはテーマパーク

目次 * 1 概要 * 2 年始、それはやすみ * 2.1 2021年の戦利品 * 2.2 2022年の戦利品 * 3 安さ、それはしあわせ 概要 年末はスーパーがありえない割引率してていいよねって話 年始、それはやすみ スーパーと言えど年始は休むところが多く、基本毎日営業のスーパーが2日なども休む。 ということはそれなりに消費期限切れがシビアになるということ。 年末行くべきスーパーの目安はズバリ「1/1,1/2が店休日のところ」。 日持ちしても2日前後の生鮮食品。 本来であれば1日前に10%OFF、2日前に30%OFFのようになっていくところ、12/31だけは12/31,1/1,1/2の期限切れ商品が一同に割引される。 その割引率も尋常ではなく、12/31に売り切るために50%OFFは当たり前、70%OFFすらもあり、普段心躍る30%の割引は見向きもしなくなるような状態となる。 私の中で年末スーパーは毎年の楽しみになりつつある。 年末のスーパーはまさにテーマパーク。
2 min read